2007年7月アーカイブ

英語が読めないのでナイっス。

#document
http://wiki.moxiecode.com/index.php/TinyMCE:Index

#document > config
http://wiki.moxiecode.com/index.php/TinyMCE:Configuration

#ボタンコントロールの設定と一覧
http://aoina.com/archives/91

#日本語ドキュメント途中まで、
http://pukiwiki.junoe.jp/index.php?TinyMCE

smartyからexecute()内の変数にアクセスできないものかと
思っていたらこんな感じでゲットできるらしい。
なるー

<select name="p_yyyy">
{action->datelist assign="dateList"}
{html_options options=$dateList.year selected=$action.DTO.p_yyyy}
</select>

maple だと options=$dateList.year|smarty:nodefaults
これがないときちんと出てくれないみたいです。

test

| コメント(0) | トラックバック(0)

画像のアップロードテスト

smartyの設定

no-default

http://kunit.jp/maple/wiki/index.php?FAQ#e3dea721


http://sky.freespace.jp/smarty/SmartyManual_2-6-3J_html/variable.default.modifiers.html

http://lists.sourceforge.jp/mailman/archives/maple-dev/2006-February/000109.html

で、問題がありそうだったらnodefaults
かけたくない部分に明示的に「|smarty:nodefaults」
それでも問題ありだったら、modifierや、関数を自分で書けばよかのでは。。。

なるほど。

CSVの書き出しで、改行はどうするの?と思ったが、あっさり解決
"\n","\n","\n"
で、" の escapeは "" でいけるみたい。

$date_string = date("YmdHis");

// 作業用に
//$y = $this->request->getParameterRef("y");

//HTTPヘッダを設定
header("Expires: Sat, 01 Jan 2000 00:00:00 GMT");
header("Last-Modified: ".gmdate("D, d M Y H:i:s")." GMT");
header("Pragma: public");
header("Expires: 0");
header("Cache-Control: must-revalidate, post-check=0, pre-check=0");
header("Cache-Control: public");
session_cache_limiter("must-revalidate");
header("Content-Disposition: attachment; filename=result_{$date_string}.csv");
header("Content-Type: application/octet-stream; name=result_{$date_string}.csv");

このアーカイブについて

このページには、2007年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年6月です。

次のアーカイブは2007年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。