2007年8月アーカイブ

満腹

| コメント(0) | トラックバック(0)

キャパオーバーなんて始めてみた。
メールは飛ばない。
みるとサーバがパンパンに

Filesystem 1K-blocks Used Avail Capacity Mounted on
/dev/da0e 6451200 6164619 -20619 100% /
hoge 4 4 0 100% /hoge
/dev/da1e 6451200 6164619 -20619 100% /hoge

デフォルトのmodifierに、mb_truncateなんてないんだよねー。
ってことで、ここにおててます。
http://kawama.jp/archives/2006/02/smartymb_trunca.html

で、使用してみたのですが、
文字コードの指定がないとうまくいかない。
区切り文字付近が文字化けするもよう。

なので、mb_substr(,$lang);
追加。

function smarty_modifier_mb_truncate($string, $length = 80, $etc = '...',$break_words = false, $middle = false , $lang='EUC-JP')
{
    if ($length == 0)
        return '';

if (mb_strlen($string) > $length) {
$length -= mb_strlen($etc);
if (!$break_words && !$middle) {
$string = preg_replace('/\s+?(\S+)?$/', '', mb_substr($string, 0, $length+1,$lang));
}
if(!$middle) {
return mb_substr($string, 0, $length,$lang).$etc;
} else {
return mb_substr($string, 0, $length/2,$lang) . $etc . mb_substr($string, -$length/2,$lang);
}
} else {
return $string;
}
}


mapleだと定数から$langを引っ張ってきてもいいかも。

// 改行が含まれるときちんと表示されない模様。うーん。

smartyでdumpしたいなんてことが、
最近ものすごく多い。ってことで、調べてみたらこんな記事が、
http://d.hatena.ne.jp/studio-m/20070515/1179221080

JavaScript で smarty ライクなものが利用できる模様
http://d.hatena.ne.jp/shogo4405/20060727/1153977238

今度試してみよ。

header("Content-Type: image/png");
header("Content-Length: " . filesize($name));
fpassthru 画像

このアーカイブについて

このページには、2007年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年7月です。

次のアーカイブは2007年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。