2010年3月アーカイブ

忍者ブログを利用してちょちょいとブログらしきものをいじっているのだが、
フリーなのにサブドメイン運用で、且つテンプレートなども自由に使えて
個人的には非常に使い勝手がいいと感じている。

しかし、一つだけネックだなーと
思っていたのが、サブカテゴリーが作れないこと。
(カテゴリーの上限100も、ちょっと増やしてほしい。)

これが作れればなぁと思っていたところ。
独自タグをうまく利用した、プラグインを発見した。
Lc-Factory@忍者ブログ
機能としても十分で、プラグインにソースをコピペで完成なんて感心。

よくできている一方、綺麗なHTMLを出せればと思っていたので、
ソースをぱっと見、ちょっとこれだとCSSでコントロールできないなぁ。
などと思ったので、javascriptの勉強がてら
リストタグを吐き出すだけの簡単なものを作ってみた。

これを設置しようかと思う方が対象なので、
あまり説明は要らないかと思いますが。


設定手順
  1. 一番したのダウンロードからzipをダウンロードして解凍
  2. フォルダ内のsubcat.jsファイルをアップロードする(ファイルアップロードから)
  3. テンプレート設定/編集 > 現在使用HTMLの修正リンク > HTMLのテンプレートファイル
  4. html_settings.txtを開いて*********をお使いのドメインに変更
  5. HTMLの<header>内にコピー&ペーストで追加
  6. プラグインの設定 > フリーエリア > HTML編集(カテゴリーを直接いじっても可能)
  7. plugin.txtを開いて内容をコピー&ペーストする


デザインはCSSでおこないます。
ファイルのsample内のsample.html等を参考に
表示非表示などについてはsubcat.jsでは未実装です。
サンプルでは、jQueryにお願いしてます。


※plugin.txt内 設定に関しては、この辺をいじってください

// カテゴリーの区切り文字
app.setSeparator(' > ');

// 非表示にするカテゴリー
app.setCloseCategory(['ファミコン','素敵']);


spanタグ内のクラスに、リストが閉じていれば、catnameC
リストが開いていれば、catnameO が振られますので
それをjQueryで変更しているだけです。
再配布はNGですが、ご自身の使用目的に応じた当スクリプトの改変は
自由に行っていただいてかまいません。バグってたらごめんなさい。

ダウンロード


このアーカイブについて

このページには、2010年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年9月です。

次のアーカイブは2010年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。