たぶん・・・私だけ・・・X260Wの右余白

| コメント(0) | トラックバック(0)
色なんて関係ない、安くて広くてノングレア。
そんなX260W:HYUDAIをサブのモニタにして・・・早幾年。
OSのクリーンインストールから設定終了後、そんなモニタにトラブル発生。

モニタの右端に相当なスペースが開き
画面左が切れるという現象がおこりました。
ピクセルにして100ピクセルほどきれるので、こまります。
最悪ほったらかしでいいけれど。。。右端なら何とかなるのに。
少しあせります。

デバイスドライバなんて上等なものは、うちのVistaには入りません。
このモニタ、汎用PnPになってます。
INFファイルが間違っているらしいのですが、
そんなことよりそのINFファイルすらインストする感がまったくありません。
INFファイルをのぞいて見ると、.cabとか書いてありますが
そんなファイルもちろんROMにありません。
ここ辺が非国産製品。本サイトのサポートにも
本機種には洒落たディスプレイドライバなんてありません。
どうもならん・・・・

となれば、ビデオカードかと、nVIDIAで最新版の
ドライバをインストールするも効果なし。

モニターの水平・垂直設定をしなおしても、
マシンを再起動した際にモニター本体の自動調整が働くんです。

・・・この自動調整・・・なにかあやしい。
マニュアルを見ても自動調整をきる方法などなく。
こいつが犯人か・・・これが壊れているのかも・・・
保障期間なんてもちろんナイサー。

完全にあきらめてたのですが、どうせだめなら最後はシンプルに
意外と背景の色が黒に近くて、自動調整がわからないとか?
アナログ的に、ちょっと明るくすればいいかもー!
このデジタルの御世にそんなアナログな話ってあるはずないと、
そんな馬鹿なと背景を少し明るくしてみると。。。

あるんですね。。そんな話。

結局本当に、モニタ側でどこが境目かなーって見ていたわけで
背景が黒に近いとわからなくなるみたいです。
(あっちなみにD-Sub接続です)




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.haiduru.com/mt/mt-tb.cgi/109

コメントする

このブログ記事について

このページは、kazyが2011年5月30日 20:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ケンジントンのトラックボールの常駐ソフトについてVista」です。

次のブログ記事は「OS10.3.9でWLI-UC-GNHPを使う」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。