OS10.3.9でWLI-UC-GNHPを使う

| コメント(0) | トラックバック(0)
気がつけばだいぶ古くなってしまったMacのOS10.3.9に
諸事情によりUSBの無線LAN子機を入れることに、
超がつくほど、どうでもいい話ですが、悪戦苦闘したので
がんばった記録にそのメモメモ。
(はじめからめんどくさがらずコンソール使えばよかったんですよ。)

昔のMacなんてXPと違って本当にあっさりと世の中から見捨てられるようで、
ええ、それはもうMac対応の無線LAN子機なんてお店で眺めても
見つけられるの、られないの。とかそういった具合で。
(最近のは内蔵されているのであたりまえですね)

こちらを参考に眺めて
最後まで読まずにこれならいけるのか!と近所の
お店でWLI-UC-GNHPを購入。
(そのまま指してドライバインストで使えるものもあったんですね・・・・)

どうやら実際には、チップの配給元がドライバを出していれば
何とか使えるそうなのです。
この手順で動かないという意見も見られましたが、
結論としては、手順はこれで本当にうまくいきました。
(本当にありがとうございました。)

大事なのはやっぱりパミッションで、これが問題でした。

自分のmacなのに不慣れで
使い方がいまいちわからず、ロックかけてから、
内包している項目に適用のボタンを押していたので
フォルダ内のファイルのパミッションが全く変わっていなかったというのが
トラブルの原因。

そら動かん・・・当たり前だよね。

システムプロファイラで確認しなかったら
permission のエラーに気がつかず
安易になんだよこれー損したーとかいってたかもしれない。
(それでも気づくまで手当たり次第にv1.3,2.0,3.0とか試したのでえらいことに・・・)

ちなみにRalink本サイトのドライバはPantherに見切りをつけたらしくてすでになく。
ここのを利用しました。RT2870 10.3とかで検索すれば出てくるはず。
でも・・・今頃こんなことする人いないだろうな。。
またスルーされるような話だよなー・・・・

・・・朝じゃん。




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.haiduru.com/mt/mt-tb.cgi/110

コメントする

このブログ記事について

このページは、kazyが2011年6月 1日 06:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「たぶん・・・私だけ・・・X260Wの右余白」です。

次のブログ記事は「神様おねがい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。